フラット35住宅ローンで一番気になる金利とは?

フラット35住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
ローンの利率はだいたい大きく分けて変動金利と固定金利という物がありますね! どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。
ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。
フラット35住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになるっていうしね!家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。
全体的に、銀行から借り入れするフラット35住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。
申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。
支払期間は非常に長いので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。
これは万が一のことがあって支払が出来なくなった時借金が0円になる。
という事で、残された家族にもありがたい保険です。