ブライダルローンの審査基準は?審査落ちた人の口コミ

ブライダルローン組む際に1番ポイントとなるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴でいくらくらいかけるのが相場なのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で第2位は400万円から500万円、第3位は350万円から400万円となっています。

全国平均は調査した専門誌やサイトによってばらつきがありますが約250万円から350万円程度のようです。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行費や、引っ越し代など結婚式費用プラス100万円以上は必要になるでしょう。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス20から30万円多くなることを想定しておきましょう。

ブライダルローンはその名の通り結婚費用に限定された目的別ローンですので結婚に関する費用以外の使い道は認められていません。

使い道が限定されていることで金利を低くした目的別ローンでリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

認められている使い道には挙式・披露宴のほかに新婚旅行の旅行費や、新居に関する礼金敷金なども認められています。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明できる書類を提出する必要があることです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後には領収書や振込控えなどが必要になることもあります。

ブライダルローンを提供している金融機関は数多くありますが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?ブライダルローンというのは資金用途が制限されているローンなのですが借りたお金の使い道に関する制限は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例えば楽天銀行だと、新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスの場合は挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用にも利用できます。

つまり、ブライダルローンの選び方で大切なポイントはブライダルローンの使途の範囲がどこまで認められているかをということです。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんが毎月の返済額や最長返済期間なども考慮して無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通らなければ当然融資を受けることはできません。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも厳しい審査となります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴に共通点がありましたので紹介すると年収が200万円以下であったり、勤続年数が1年未満、非正規雇用などと言う場合が多いです。

また、過去に滞納履歴や自己破産歴があったり、複数の金融業者から借り入れがある人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが信用情報自体が記録されていないので落とされる可能性はあります。

ブライダルローンというローンは結婚に関することでしか使えないという制限がありますが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

新居を購入する場合大半のお方は住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと言われていて物件価格の2割から3割程度、用意しておくことができれば安心です。

この計算に基づくと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円となりますのでとてもじゃありませんが、一朝一夕で用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで借り入れたお金を住宅ローンの頭金の一部に回してしまえば低金利で無理のない資金調達をすることができるのです。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

通常のカードローンよりも金利が低くというメリットがありますが、カードローンよりも手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンは借りたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

まずは結婚資金を貯めてから...と考えている人も多いと思いますが、低金利のブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです。

みずほ銀行にはブライダルローンはないのですがみずほ銀行多目的ローンというローンがあります。

最大融資金額が300万円、最長返済期間が7年というもので多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。

固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、さらに低金利な変動金利も選ぶことができます。

又、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、または利用していた人は更に年0.1%の金利引き下げサービスを受けることができます。

申込ができる人は借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で完済時年齢が満71歳未満、勤続年数は2年以上は必須で、前年度の税込年収は最低200万円以上必要となります。

ブライダルローンとカードローンはお金を借りると言う意味では同じなのですが実は両者には大きな違いが何点もありますので注意が必要です。

ブライダルローンというローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンというものは、銀行や消費者金融業者がサービスを提供しているフリーローンです。

貸出金利も大幅に違っていて、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンは3.0%から18.0%と高金利に設定されています。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と大きいですがカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。

参考:ブライダルローン審査が甘い銀行は?審査落ちた理由【おすすめは?】

総量規制を知っていますか?総量規制というのは、収入の3分の1を超える融資を禁止とした規制で消費者金融などの貸金業者に適用されるものです。

結婚式にかかる費用は約250から350万円はかかると言われていますので総量規制が考慮すると、750万円から1 050万円の年収が必要になることになります。

若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、このままでは結婚式を挙げられないのでは?と不安になってしまいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

ブライダルローンを組む時の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

又、勤続年数や雇用形態を融資条件にあげているところも多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

ブライダルローンは目的別ローンですから結婚式場や不動産屋の請求書や見積書も必要です。

すでに支払い済みだとローンの対象外になることがあります。

ブライダルローンを利用して代金を支払った結婚式場や旅行会社、不動産屋さんの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することになります。

楽天銀行では目的型ローンでブライダルローンを提供していて楽天会員や楽天銀行に口座がある人ならば簡単にオンラインで手続きができます。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円となっていて月々の返済額は1万円からなので、無理のない返済が可能です。

楽天銀行から融資を受ける際に気を付けることは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

つまり、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

ローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、融資を受けた後には領収書や振込控の写しなどを1か月以内に提出しなければいけません。

クレジットカード会社のオリコのブライダルプラン(ブライダルローン)は金利は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円です。

申込資格は満20歳以上であることと、安定した収入がある人としか規定されていないので収入や雇用形態、勤続年数などの条件は厳しくありません。

ローン申込書や本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になるほかオリコでの借入れ額の合計が50万円を超えてしまう場合は所得証明書類の提出が求められます。

また、オリコからの借入れ総額に加え、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超えてしまう場合も前年度の源泉徴収票や支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンというローンは結婚式のために借りる方が多いと思いますが金融機関からお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが肝心です。

結婚式や披露宴にかかる費用だけでも300万円はくだらないと言われていますのでそこから月々の返済額や借入金利をシミュレーションしてみます。

借入金300万円、ボーナス払い無し、金利7.0%、月々の支払は4万円ということで計算した結果、支払回数が100回になり、支払期間が8年3か月にもなるのです。

ご祝儀をあてにしていても結婚式は赤字になるのが一般的なので、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字担ってしまう人がほとんどです。

だったら100万円のローンを組めばいいのでは?と思うかもしれませんが必ずしも手に入るとは限らないお金なので、当てにするのは危険です。

銀行のブライダルローンは目的別ローンとされていることが多くリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使途を結婚に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使い道が自由なフリーローンになります。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですがカードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

ローンを考えている人で、キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む以前にまずは借入残高を確認しましょう。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の1/2を超える借り入れはできませんので事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行の場合でも、1人当たりの貸付総額というものが設定されている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借りることができますが、1人当たりの貸付総額が500万円のため、すでに楽天スーパーローンを300万円借りているという人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行は最大融資額は300万円ですが、すでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。