借りやすい教育ローンは審査が厳しい?通りやすい?

教育ローンと奨学金はどう違うか知っていますか?教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは借り入れ人は保護者ですが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。

借り方についても違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月ごとに定額で振込まれるのが基本です。

利息については教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金は在学中には利息が発生しないのです。

返済開始の時期は教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金は卒業後になります。

教育ローンといえどもローン契約に変わりないので融資を受けるには審査に合格する必要があります。

借りやすい教育ローンとして使える、アコムカードローンも使っている方が多いです。

審査を受けるためにはいくつか用意するものがあり、本契約までには全部揃える必要があります。

借入申込書はネット申請は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明する書類は必須です。

そのほか、運転免許書やパスポートなどといった本人が確認できる書類や住宅ローン(家賃)などの支払いが確認できる通帳のコピーも必要となります。

しかし、何より一番必須となる書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。

埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

りそなの教育ローンは変動金利になりますので毎年4月1日と10月1日に金利が更新されます。

2017年12月25日現在(変動金利)の金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人であれば、割引金利1.80%が適用されます。

最低10万から1万単位で最大500万円まで借り入れることができ返済期間については最長14年まで借入可能です。

在学中は利息のみの返済が可能だったり納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

教育ローンが借りれないという人にはきっと何かしらの原因があるのではないかと思います。

まず、仕事に就いていることが必要となりますので無職であったり年金受給者の方は借りれません。

正社員でなくても借りることはできますが、安定した収入があることを証明しなければなりません。

契約社員などの場合は最低でも2年以上、勤続年数がないと審査は厳しいです。

年収も200万円以上はないと審査をクリアするのは厳しいと言わざるを得ません。

専業主婦は教育ローンの申し込みを受け付けていないところがほとんどだと思います。

しかし、主婦の方でもパートやアルバイトをしていれば、30万円程度であれば借りられるのだそうです。教育費には届きませんが、受験費用や入学金、交通費などに使いたいという人は、ジャパンネット銀行やバンクイックなどの銀行カードローンにも申し込みして見てもよろしいと思います。

昔は、銀行は企業向けの融資に力を入れていましたが、最近では企業も不景気になってきて個人向けの融資にも大変力を入れています。

教育ローンは普通は即日融資は無理ですが、アコムやプロミスなどでしたら最短で即日融資も可能です。借りやすい教育ローンとして人気のこれらのローンですが、この場合は教育ローンというものではなく利用目的を限定しないフリーローンというものになります。

参考:借りやすい教育ローンとは?審査通りやすい?【学費を借りる方法】

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月からスタートします。

利息は借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

教育ローンの返済期間については長いローンで最長20年というものがあります。

ですが、返済期間が長引くほど返済金額は大きくなりますので注意が必要です。

教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。

学生本人が教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的には無理です。

学費目的と言ってもローンなので借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのために借入をする人が成人であることや安定継続した収入があることは不可欠です。

更に現在勤めている職場を退職する予定がないことや家賃、光熱費など生活費すべてを自分の収入でしっかり支払えているかということも重要になります。

教育ローンって教育以外に使えないってご存知ですか。

ただアコムなどの消費者金融のカードローンなら仕送りや交通費や生活費にも使えます。

ですので、国の教育ローンよりは銀行やノンバンクの教育ローンのほうが融資の望みは高いでしょう。

教育ローンの金利について紹介します。

教育ローンの審査が通りやすいなら借りたいという人もいるでしょう。

教育ローンの金利は融資機関によって差があります。通りやすいさにも差があるといいます。借りやすい教育ローンは審査が厳しい?通りやすい?と不安になることはありません。ただ、無職や専業主婦は申し込みを受け付けてもらえないでしょう。

金利が低い融資期間だと1%台からありますが高いところでは10%近いものもあります。

銀行の教育ローンでしたら口座やカードを作ることで優遇金利を受けられる場合があります。

また、金利の計算方法には2つあり変動金利と固定金利の2つの金利タイプがあります。

目下のところ低金利の時代となっていますので固定金利の方が安心かもしれません。

借りやすい教育ローンを比較したい時はランキングサイトの利用がおすすめです。審査通りやすいところ、審査厳しいところいろいろありますからね。

いちいち金融機関を回ったり電話で資料請求などしなくても済みます。

金利や借入可能額は表になっているので簡単に比べることができます。

ランキングサイトには、来店の有無やローンのお勧めポイントやメリットなど細かく掲載されているサイトもあります。

教育ローンランキングサイトから銀行のリンクが貼られていることが多いのでランキングサイトはとても便利です。

銀行の教育ローンはたいてい、低金利な商品が多いです。

ノンバンクのローンよりも融資金額も大きくローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

最近ではネット銀行も広く普及していますのでWeb上で完結する銀行もだいぶ増え、利便性も向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利が優遇される銀行もあります。

教育ローンの借入金額の受け取り方の1つに全額一気に振り込まれる一括借入れ型があります。

教育ローンは、教育いがいの使用用途にはローンを使うことはできませんが、アコムやプロミスのフリーローンは自由に使うことができます。

住宅ローンのように一括でまとめて受け取ることができるタイプの融資です。

銀行の多くはこのタイプを採用している所が多いです。

一括借入れ型の特徴といえばローン契約成立と同時に返済金額が決定する事です。

返済の計画を立てやすいという利点がある一方で予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。