ニキビってどうやって治す?

ここのところ、ニキビを重曹でケアできるとよく耳にします。
ご存知かもしれませんが、重曹は弱アルカリ性なので、油分を分解する性質を持ち、重曹を加えた洗顔料を使って洗顔すれば、汚れた毛穴や角質をお手入れすることができ、吹き出物を改善してくれるのではと期待されています。
研磨作用が働く重曹での洗顔は肌を傷める恐れもあるため、試す場合は、注意が必要でしょう。
白く化膿したニキビを見つけると、中身を絞り出してしまいます。
ニキビの中から膿や種の種のようなものが飛び出してくるのがとっても好きです。
ただ、五回に一回はつぶしても失敗して根っこが残り、意地でも芯を出そうとしてしまい、ニキビが治っても肌がクレーターのようになってしまうのですよね(*^^*)そのニキビの後の可哀相な肌を見ながら、ニキビをつぶしてしまったことを反省するのですが、白いニキビができるとどうしてもつぶしたくなって、また中身を出してしまうのです。
つるつるとしたキレイな肌づくりには栄養管理が必須です。
特に糖質や脂質が多く含まれる食品を過剰に摂ることは、細菌を繁殖させてしまいニキビの元になります。
野菜や果物といった食べ物の他にチョコレートには、甘い成分だけでなく油分も沢山入っているので、好きなだけ食べるのではなく適度に摂るようにしましょう。
但しチョコレートの中でもカカオが多く糖質の少ないものは、つるつるの清潔な肌づくりにもおすすめなので、糖分を体が必要としている時や我慢出来ない時には、どんな成分が含まれているか必ずチェックしましょう。
顔に出来るものという印象の強いニキビですが、その他の場所で出来やすいといわれているのが、誰かに見られることはあまりない背中のようですよね(*^^*)特に背中は自分では気付きにくい場所なので、数えきれない程沢山のニキビが出来てしまっても、プロアクティブや草花木果どくだみなどでのニキビケアも出来ずに酷くしてしまったという場合もあります。
かと言ってクリームも塗らずに放っておくと、さらににきびは悪くなるだけで最悪の場合、ざらざらとしたニキビ跡が消えなくなる心配もあります。
だからこそ見えない部分に気を配りましょう。
草花木果どくだみの洗顔石鹸もおすすめです。