今日借りれる消費者金融はどこ?即日融資OK?【ランキング】

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合インターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見てみるとどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性の利用者も増えています。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって利益を獲得しています。

参照:http://anpp.info/ranking/during-today.html

銀行と消費者金融の金利を比較すると一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるためあながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資をメインとする消費者金融の方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。